陸奥記念館
館内写真

戦艦陸奥(以下,陸奥)は、1943年(昭和18年)6月8日、連合艦隊司令部付として柱島水道(周防大島伊保田沖)警泊中に、謎の大爆発を起こし沈没。総員1471人、うち死者1121人、生存者わずか350人という大惨事に見舞われた。

戦後1947年(昭和22年)に初の引き揚げが試みられたが、海底42mでの作業は困難を極め、間もなく中止。

そして1970年(昭和45年)6月遺族や生存者らの20年越しの熱意が実り、引き揚げ作業が再会。8年間にも及ぶ作業の末、乗組員の遺骨・遺品・主砲など艦体の75%が引き揚げられた。

陸奥記念館はこの引き揚げによって回収された物品をはじめ、全国から寄せられた遺品・資料の展示・保存に努め、これにより陸奥と共に逝った乗組員の冥福を祈り、戦争の悲惨さを後世に伝え、恒久に平和を願うものです。

館内案内へ

営業時間

  9:00~16:30    年中無休

入館料
    陸奥記念館 
    大人 小・中学生
  個人 430円 210円
 

団体

(20名以上)

340円 160円
 

障害者割引 

210円 100円
 
    なぎさ水族館・陸奥記念館共通券
    大人 小・中学生
  個人 580円 260円
 

団体

(20名以上)

500円 240円
 
※小学生未満は無料です

LINK
観光ボランティアガイド
呉市海軍歴史科学館 大和ミュージアム
筑前町立 大刀洗平和記念館

記念艦「三笠」